教養を身につけたいさくらいのブログ

教養を身につける旅へ

社会人4年目。転職、ベンチャー企業、教育、youtube配信、プログラミング初心者。漫画と映画が好き。コンサルタントの「フレームワーク」を人生に当てはめて向上させることができるのかを実験するブログです。

【毎日天声人語】新聞で社会教養と文書力を学ぶ「人生100年の時代に日本は?」

天声人語ノートを始めた。

天声人語とは、朝日新聞の朝刊に掲載されているコラムであり、最近のニュースを題材に書かれているものである。

天声人語ノートとは、天声人語を書き写して勉強できるノートだ。

 

朝日新聞社 天声人語学習用ノート 360021

朝日新聞社 天声人語学習用ノート 360021

 

 

今日から少しずつやっていこうと思い、アウトプットを書いていく。

みなさんの勉強にも活用していただければ。

 

(天声人語)9/12 人生100年の時代に

 

私の要約は以下だ。

昨年度から100歳祝いの銀杯が、税金の無駄づかいと指摘を受けてメッキに変わった。これを自著「ライフシフト」で取り上げたグラットン教授は昨日、「人生100年構想会議」で提言。政府の掲げる「人づくり革命」に沿った論者であったが、目玉政策のころころ変わる政府は、100年時代にふさわしい政策を打ち出せるのだろうか。

http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13128023.html?ref=tenseijingo_backnumber

 

感想

まずそもそもこのことを初めて知った。

長寿大国として100歳を祝うことを国をあげてやることは有効なんだろう。

税金の無駄づかいというのは、おそらく100歳になる人が増えたからだろうと推測したので調べてみた。

http://www.sankei.com/smp/premium/news/150914/prm1509140002-s.html

 

やはりそうだった。

対象者3万人で予算2億6千万か・・・思った以上に多かった。

 

銀杯はメッキにしたことで7600円から3800円になったらしい。

 

ということは1億3000万円の縮小。

 

たしかに、人数増えていくから増額すると仮定すると減額はいいのかもしれない。

 

さらに初めて聞いた言葉がある。

「人生100年構想会議」である。

そこに、ライフシフトのグラットン教授が招かれていたのだ。

ちなみに、グラットン教授はロンドンビジネススクールで世界的にも超有名人。

組織論や人材論の世界的権威だった。

https://www.1101.com/lynda/profile.html

 

人生100年構想会議とは?

調べてみたら首相官邸の政策会議ページに載っていた。わかりづらっ!!

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsei100nen/

 

こういうのってほんとにわかりづらい、全部細々とPDFでアップされてるし、形式的過ぎだろ!まずここからシフトしろよ!と思ったがしょうがない。

 

要は、超長寿大国日本が人生100年のこの時代に、社会・経済システムを変えていかないと成り立たなくなるから政策を出そうぜ!ってやつ。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsei100nen/dai1/siryou3.pdf

 

内閣以外にも会社社長とか早稲田の学長とか年代と背景が様々な人も集まっていておもしろい。

 

今後4年間に打ち出す政策を検討する会議で、

・生涯教育

・新卒一括採用の変更

・高等教育改革

高齢者向けの社会保障制度を全世代向けの全世代型社会保障に変える

 

が具体的に挙げられていた。

なんか前から言われてるような気がするけど、ここで本腰入れ始めたのかな

 

でも官僚制の日本で、4年周期の交代や国民性を踏まえると、根本的に変えないと今の文句とかってどうしようもないのかなとも思う。

任期4年なら短期的な視点になるのもしょうがないし、長期的なこと言っても有権者は短期的な方に惹かれるし・・・

 

まあそれは置いといて、

この会議1回目だったのか!

 

私の天声人語ノートも1回目だったので、これからこういうことを学んで教養をつけていきたい。

 

※わからなかった言葉

弥縫(びほう)・・・失敗や欠点を一時的にとりつくろうこと。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)