教養を身につけたいさくらいのブログ

教養を身につける旅へ

社会人4年目。転職、ベンチャー企業、教育、youtube配信、プログラミング初心者。漫画と映画が好き。コンサルタントの「フレームワーク」を人生に当てはめて向上させることができるのかを実験するブログです。

『漫画でわかる人生が変わる7つの習慣』実践方法⑧【第7の習慣:刃を研ぐ】

今回の記事で、7つの習慣は最後。

第1〜3の習慣は、私的成功のため、第4〜6の習慣は公的成功のための習慣でした。

第7の習慣は「刃を研ぐ」。

これは、第1〜6の習慣をリニューアルしていく習慣だと言います。

⬇︎過去記事はこちら

【第1の習慣:主体性を育む】

【第2の習慣:夢を見つける原則】

 【第3の習慣:最優先事項を優先する】

【第4の習慣:win-winを考える】

【第5の習慣:まず理解に徹し、理解される】

【第6の習慣:シナジーを創り出す】

 

それではポイントを見ていきましょう。

 

第7の習慣「刃を研ぐ」

 

・体調(肉体)、観点(精神)、自律性(知性)、つながり(社会性・情緒)の4つの側面でバランスよく刀を研ぐ時間をとる習慣だ。

 

・第7の習慣は、4つの側面のリニューアル。
自分磨きに余念のない人が壁にぶつかるのは第1〜第6の習慣が十分に身についていないからだ。

 

今回はこれぐらいです。

この4つの側面が6つの習慣につながっています。

では4つの側面の詳細をそれぞれ見ていきましょう。

 

体調(肉体)

運動や健康で身体をメンテナンスすること、健康なら第1の習慣も続けやすい。

 

第1の習慣=主体的である

自分で選択する

 

観点(精神)

自らの価値観を深く見つめること、第2の習慣で行う自分への反省と関係している。

 

第2の習慣=終わりを思い描くことから始める

ミッションステートメントをつくるなど

 

自律性(知性)

情報収集や選択力を磨くこと。第3の習慣に基づき、自分の目的や価値観に合ったものや優れた本を読むようにする。

 

第3の習慣=最優先事項を優先する

緊急ではないが、重要なことに時間を使う

 

つながり(社会性・情緒)

人間関係においても自分の価値観に忠実に振舞うこと。公的成功を目指す、第4〜6の習慣のために必要。

 

第4の習慣=win-winを考えること

第5の習慣=まず理解に徹し、そして理解される

第6の習慣=シナジーを創り出す

 

以上の4つをリニューアルしていくことが、第7の習慣というのことです。

 

まとめ・感想

7つの習慣を読み終えました。漫画だったけど、めちゃ時間がかかった・・・

私的成功は、主体的に自分の原則的に優先順位高いやつを選択しろよ!

公的成功は、人を理解し、尊重して、創造しろよ!

ってことかなと理解しました。

 

そのために、4つの側面をリニューアルしていくことが必要です。

 

ジム行ったり、本読んだり、健康に気をつけたり、人生のミッションを見つける時間を設けたり、人間関係を良好にしたり・・・

 

あれ、案外やってね?と思ったんですけど、原則に基づいているかは不明です。

 

難しいのは、ミッションを見つけるのと深い人間関係ですかね。

 

私は、原則とは自分が「自然と心に思ったやりたいこと」をやることなんじゃないかと思っています。

 

そして、それを実現する力や方法がみなさんには備わっている。

だけど、環境や体裁を気にして、「やらないだけ」なんだと思います。

 

やりたいことをやること

そして、4つの側面をバランスよく育てることが重要なんだろうと感じました。

 

以上、7つの習慣の本の感想にお付き合いいただきありがとうございました!

(ちなみに第8の習慣 :内なる声を発見するもあるみたいです)

 

 

完訳 第8の習慣  「効果性」から「偉大さ」へ

完訳 第8の習慣 「効果性」から「偉大さ」へ

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2017/06/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る