教養を身につけたいさくらいのブログ

教養を身につける旅へ

社会人4年目。転職、ベンチャー企業、教育、youtube配信、プログラミング初心者。漫画と映画が好き。コンサルタントの「フレームワーク」を人生に当てはめて向上させることができるのかを実験するブログです。

実家に帰ったら田舎のポケモンGO事情が凄すぎたwww

画像にもあるように、私はポケモンGOにここ数ヶ月はまっている。

レイドバトルが実装されてから、またはじめる人が増えた。いわゆる復帰勢のひとりだ。

 

実は、両親は私がやめるくらいのタイミングでやり始めたのだが1年間コツコツと続けていた。

 

ニュースでもよく流れているが、中年以上の世代はずっと続けているのだ。

 

私はポケモンGOを再開してから、この三連休で実家に帰り、両親のレベルの高さに驚いた。

さらにほぼ図鑑をコンプしていたので、それもビビった。

 

ちなみに私は28レベルである。

f:id:sakusaku57:20170917175826p:image

 

そして、都会のポケモンGO事情と田舎のポケモンGO事情が異なっていることに驚き、それを今回レポートしてみる。

 

 

1.ボケストップが全然ない!!

両親はボールがないと、コインで買おうとさえしていた。

ボールなんていくらでもたまるやん!と思っていたのだが、田舎はポケストップが全然ない。

車でポケストップを周りに行かないとアイテムが集まらないのだ。

f:id:sakusaku57:20170917175946p:image

 

2.ポケモンの巣が巣じゃない!!

ポケモンには、特定のポケモンが一定の場所で多く発生する「巣」というものが存在する。

たとえば、〇〇公園が、ヒトカゲの巣になっています。となると、そこにヒトカゲが多く発生するのだ。

珍しいポケモンや育てたいポケモンを取りにその巣に向かうわけだが、都内では巣に行けば100アメくらいは稼げた。

しかし、田舎は違ったのだ・・・

私の実家近くの公園が、イシツブテの巣になっていた、しかし・・・イシツブテが1匹しか発生していない!?

そう、ポケストップが一つしかないのだ!!

通常、ポケモンポケストップの周りに発生するのだが、それがないとなると発生しづらいのだ!!

もはや巣じゃねえじゃん!!

 

3.レイドバトルに人が集まらない

これは本当に頭の痛い問題だ。

人が少ないため、レイドバトルに人が集まらないのだ!

近くの神社とかで、「スイクン出た!」となり、行ってみると・・・「だれもいねぇ!!ドンッ!」なのだ。

都会だったら簡単に人集まるのに。

もはや近くのイオンに行くしか方法はない。

まあイオンでも集まってない可能性はある。

ちなみにイオンの駐車場にポケモントレーナーが集まりすぎるため封鎖されるという事件もあったそうだ。

 

4.リーダーおじさんの隆盛

そのレイドバトル問題を解決するため、仕切りおじさんが登場したらしい。

私もレイドバトルに両親といったのだが、なんと集まった人たちで会話が起こっていた!!

しかも、仕切っているおじさんがいるではないか!

「あなたも入ります?」「声かけてきますね」「じゃあ始めましょう」「みなさんお疲れ様でした」

え、なにこれ?なんなん、これが村の絆の強さなん?

スイクンゲット、おめでとうございます!」

照れた。

このように、レイドバトルをうまくクリアするために、仕切るリーダーおじさんが登場し、コミュニティを形成していたのだ。

 

5.田舎特有のポケモンコミュニティの誕生

ほかのレイドバトルで起きたことだ。

私たちが到着すると2人しか人がいなかった。

「あーこれは難しいですかねぇ」と話しかけると、おじさんが「今呼びかけてるんでこれからたくさん来ますわー」と言う。

すると、四方八方から車が乗り付けられ、14人ものトレーナーが集まったのだ。

しかも老若男女おり、次はどこ行きましょうと話し合っている。

そう、レイドバトルを効率よくこなせるコミュニティが出来ていたのだ!

しかも、レイドバトルを通じて知り合った人たちらしい。

ポケモンGOすげぇ・・・

 

6.ジムが同じ人ばかり

上記の流れからわかるように、ジムが圧倒的に少ない。

そして、田舎のジムはほとんど、家の近くか車で行くしかない。

ちなみに我が家から最寄駅まで徒歩一時間半だ。

そのため、近くのジムには必ず同じトレーナーがいる。

しかも防衛めっちゃできる。50コインのゲットが容易だ。

なぜ負けないかと言うと・・・きのみおばさんが存在するからだ!

 

7.きのみおばさんとは?

ジムのポケモンは攻撃されたり、または置いておくだけでも体力が減っていく仕様になっている。ここで、きのみをあげると体力が回復するのだが、きのみは初心者に結構大事。なかなかあげられないし、あげるごとに回復量が減ってしまう。

しかし、金のズリのみを使用するとたちまち全回復するのだ!

そして、きのみおばさんとは、きのみをそのジムに与え続けてくれる人のことである。

そのため、15時間防衛できた。

田舎すげぇ・・・

 

 

ポケモンGOすごくね?

このように、田舎ではポケモンGOが独特のコミュニティを作りだしていた。

両親も仲良くなっていたし、外に出るし、レイドバトルでは気軽に話しかけ、顔見知りも生まれている。

まさに、古き良き時代が蘇ったかのようだ。

東尋坊では、ポケモンGOのトレーナーがたくさん来ることで、自殺者が減ったとの結果も出ている。

最近はミュウツーのEXレイドが実装されたことでさらなる盛り上がりを見せるポケモンGO

地域や店との連動、マップの高性能化などさまざまな効果が期待されている。

 

これからどのようにアップデートをしていくのだろうか?

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus) & デジタルコード(Google Playコード or iTuneコード)