教養を身につけたいさくらいのブログ

教養を身につける旅へ

社会人4年目。転職、ベンチャー企業、教育、youtube配信、プログラミング初心者。漫画と映画が好き。コンサルタントの「フレームワーク」を人生に当てはめて向上させることができるのかを実験するブログです。

目標を達成する方法『ザ・コーチ 最高の自分に出会える「目標の達人シート」』に学ぶ ステップ1

今回読んだのはこの本。

 

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 このシリーズはいまのところ3まで出ている。

7つの習慣以来、久々に自己啓発本を読んでみようと手に取った。

 

作者について

この本の作者は、谷口貴彦さん。

さまざまな職を経てプロコーチとして独立。

国際コーチ連盟 マスター認定コーチも受けている。

 

サイトも見たが、申し訳ないが正直胡散臭い。

海外とかではよくありそうだが、日本だとコーチというものは受け入れずらそうだ。

 

しかし、本書は素晴らしいものであった。

小説としても読めるくらいストーリーは秀逸で、夢をかなえるゾウと同じような感動をおぼえた。

自己啓発云々でなくても、読んで清々しくなるようなベタなサクセスストーリーだ。

 

今回の記事では連載として、目標の達人になるためにはどうするのかを自分なりにまとめてみようと思う。

 

すぐに実行できるものばかりなので、ぜひ読んでいるみなさんにも一緒にやってほしい。

 

目次

第1章 人生の転機

第2章 目標の達人への道

第3章 価値ある恩恵

第4章 障害

第5章 始まりの日

第6章 真実が姿をあらわす時

第7章 自分に正直に生きる

第8章 ネクスト・ステージ

 

正しい目標設定を解説する本

ストーリー仕立てで、冴えない主人公がある老人と出会い、目標設定の方法を教えてもらい、自分らしく生きるようになる。

 

本書の中では、なぜ目標設定を間違えるのか?どうすれば行動に移せる目標ができるのかなどわかりやすく書かれている。

 

そして、主人公に共感する部分も多い。

仕事はそれなりに頑張っている。少なからずやりがいも感じる。でもなにかがしっくりこない。違和感のような気持ちを抱えながら生きてきた。

 

本書は、共感を誘うセリフづかいが非常にうまい。私のようなサラリーマンターゲットの心をうまくつかんでいる。

 

そもそも目標設定のやり方をいままで教わってきましたか?

主人公は、ある老人と出会い、このセリフから目標設定の解説がはじまっていく。

 

主人公は老人から課題を出されながら、日々行動していく。

 

 

そもそも目標とは何か?

最初にやることは、言葉の定義を一致させること。

みなさんも目標と言われても、なんとなくで言語化は難しいだろう。

 

ここでは、【目的】【目標】【ゴール】【ビジョン】【夢】という言葉の意味を調べる。

 

目標

【目的】を達成するために設けた目印

 

目的

成し遂げようと目指す事柄

 

みんな目的のために目標を定めるのに、いつのまにか目的を忘れて、目標が一人歩きしてしまう。

会社から営業目標と言われて、モチベーションが上がらないのは、目的が抜けているからだ。

 

ゴール

 競技などで、着順の決まる一番最後の地点・決勝点

 

 つまり、目的のための最終到達点がゴールであり、ゴールまでに置く目安が目的。

 

仕事を分解してやるときと手順は似ている。

 

将来実現させたいと願っていること

 

どんな些細なことでも、願っていることは夢。

 

 

ビジョン

将来あるべき姿を描いたもの

ビジョンはゴールに向けて行動するための強化剤

幸せの源泉とは、物質的なものを得ることではなく、その物質を手に入れたときの感情である。

 

目標の達人になるためのステップ1

 

まずは、どんな些細なことでもいいので、

【夢】を書き出す。(100個)

その中から、実現したいことを絞り、目的やゴールをはっきりさせる。

ゴールにつくための目標をいくつか設定する。

行動を促進するためのビジョンを描く。

 

 目的やゴールを描くことで、

協力者が現れたり、チャンスにアンテナを張ることができたり、やらないことをやらない選択ができたりする。

 

つまり、自分の人生を生きることができる。

 

 

まとめ

本記事では、ステップ1として、目標設定の基礎知識と目標設定することのメリットを本書から抜き出した。

 

よくみると確かに当たり前のことに感じるが、言葉の意味を考えたことは少ないだろう。

 

夢を書き出すとかは、結構ほかの自己啓発本でもありがちなことだ。

 

ステップ2からは、さらに自分に合った目標設定方法などを紹介していく。

 

とりあえずそれまでに、嘘だと思って、夢を100書き出すことをやってみてほしい。

 

私もやってみようと思う。

ゆとり?若者に無力感があるのは画一的な評価制度と方法にあるのではないだろうか?

今の若者は、ゆとり世代・さとり世代などと言われる。

20代の若者たち、社会人も多いだろう。

 

いつの時代もあることだが、「今時の若いものは」とレッテルを貼られやすいことは間違いない。

 

とくに、「出世をしたくない若者が増えている」ことは、この世代を象徴するひとつの事象である。

 

出世したくない理由は、

・人間関係のリスクを負いたくない

・プライベートを重視したい

・責任が増えてまで仕事にかけたくない

などなど

 

 なぜだろうか?

 

Contraloría Social

 

感情社会への変化

ひとつ目は、感情社会への変化だ。

 

どういうことかというと、

物的欲求よりも感情的欲求が高い社会になったということだ。

 

これは、成熟社会において顕著なもの。

 

物的欲求が必要とするものはお金である。

お金がモチベーションになれば、人間関係などを気にするよりも物的欲求が勝るから頑張れる。

 

しかし、成熟社会において、欲しいものはある程度手に入り、物的にはほとんど不自由しなくなった。

価値観は多様化し、絶対的に良いものがなくなっていく。

 

すると物に価値観をおかなくなる、

価値観をおくのは、自分の感情である。

 

最近の信頼経済というのも頷ける。

 

物的欲求の代わりに、自己承認・自己実現欲求が中心となるのだ。

 

するとどうだろうか?

仕事が、その2つを補完し得るだろうか?

 

答えはイエスでありノーだ。

 

その理由は後ほど説明するとして、ここからはそれがどうやって無力感につながるのかを考察していく。

 

変わらない社会構造

 日本の社会構造は、官僚制システムと村組織が根強い。

 

どういうことかというと、

トップダウン式の縦割りシステムの中で、人間関係を重視する構造である。

 

これは、マニュアル的な作業効率をよくするもので、教育もこういった人材を育てるための制度となっている。

 

下が効率よく仕事をこなすには上の承認を得る必要がある、承認をうまく得るためには人間関係が大事になる。だから人間関係に長けた人間が管理職にあがっていく。

 

例えば会社、大手企業と呼ばれるところは、

トップダウン式で下の人間には権限がない、管理職に求められるのは人間関係の調整力だ。

評価制度もあいまいで、人間関係に基づいたり学歴で決まる。

 

例えば学校、文科省からシステムが降りてきて現場で画一的に実施する。

現場にある程度権限はあるが、評価制度のシステムは入試制度を目的とすると偏差値のみに向かう教育となる。

 

これは、同じ作業をマニュアル的にこなす社会では有効なシステムである。

 

しかし、実情の感情社会にはあっていない。

つまり、感情社会の人々はそのシステムに馴染まない。

 

そしてこのシステムを変えようとする今、移行時の隙間世代が若者世代、つまり、ゆとり・さとり世代なのだ。

 

そう、社会構造を変えられなかったのに、感情社会へと先に変わってしまったのだ。

 

実態に合わない評価制度

これまでの話をまとめると、

感情社会になった

しかし、社会構造はそれにあっていない

 

という話をした。

 

いままでは、昇進、つまり物的欲求を得るために給料をあげる行為が最優先だった。

そして、官僚制や村社会において、その人々はコントロールしやすい。

逆に言えば、人々もそれを利用して上にいけた。

 

しかし、最近は、自己実現、つまりどれだけ自己承認や自己肯定を得られるかという行為が最優先となる。

 

官僚制や村社会では、その行為は承認をされにくい。

上に従わない、コントロールしずらい、仕事に全てを捧げない、飲み会に行かないのだ。

 

教育現場まで遡る。

個性が大事、平等が大事、そう言われて最近の教育を受ける割には、偏差値で評価を受ける。

勉強かスポーツでいい成績をとらなければ承認されないのだ。

そして、就職するためには偏差値の高い大学に入る必要がある。

当然、保護者の評価もそこに照準を合わせられる。

どこどこの子は〇〇高校にいった、どこどこの子は全国大会にいったなどなど、常に比較や評価に晒される。

 

個性はどこにいったのか?

 

結局、官僚制の評価基準に呑み込まれていくのだ。

 

しかし、その子供達は若者になり、就職する。

氷河期とは違い、どこかに就職できる時代だ。

 

そして、就職して気づく、「あー、またこの評価制度の中で頑張らなきゃいけないのか」

 

でも必ずしも頑張る必要はない、物的にある程度は満たされているからだ。

 

仕事よりもプライベートが楽しい、プライベートのほうが、自己承認や自己肯定される、自己実現活動ができる。

 

これを上の世代は「無気力」だ、さとりだ、ゆとりだと表する。

 

実態がまるで違くはないか?

 

ユーチューバーの隆盛や個人へのとうしも投資も、感情社会の実態とあっている。

 

若者は無力なのではない、自己実現をしたいだけだ。

 

最初に言った、仕事が自己実現を可能にするかどうか?

これは人によるといえばそれまでだが、

仕事の価値観が変わることを感じる。

 

人間が行ういままでの仕事は減り、創造的な仕事が増える。

 

うまく社会が適応すれば、みんな自己実現をできる仕事が増えていくだろう。

 

私たちは、こういった若者達が日本で活躍できるような受け皿をつくらなければならないのではないだろうか?

【都市伝説検証】"!マーク"の標識はあるのかどうか!?in心霊スポット正丸峠

今回はいままでのブログとは一風変わった内容です。

 

先日、ある都市伝説を検証しに行きました。

向かったのは心霊スポットと名高い正丸峠です。

 

正丸峠とは、埼玉県飯能市秩父の教会にある峠。

もともとは国道だったが、1982年に正丸トンネルができ、峠は国道ではなくなった。

峠では30分ほどかかるルートが正丸峠によって3分で通過できるようになったのだ。

 

これにより、現在正丸峠はほとんど使われなくなっている。

 

そうなんです、正丸峠はもうほとんど使われていないんですね。

 

そしてこの正丸峠、検索すると2番目に心霊スポットとして出てきます・・・

【埼玉県】正丸峠 - 心霊スポット http://ghostmap.net/spotdetail.php?spotcd=501

 

この記事には、正丸峠はなぜか事故が多く、そして幽霊の目撃情報が多いと書かれています。

 

今回はそこに行って来ました!

 

では、タイトルの!マークはなんでしょうか?

 

"!マーク"の意味

このマークの標識を見たことがあるでしょうか?

山道とかさまざまなところで、注意を促す標識ですね。

 

ほとんどの標識には、路肩弱し!とか補助的な白いプレートがついています。

 

しかし・・・ごく稀に何も書かれていないただの!マークのみの標識があるんです。

 

意味は、"その他の危険"です。

 

どういうことかというと、なぜか事故が多発するから気をつけてね・・・という意味だそうです。

 

1つは目の錯覚など地形の状態によるものがあるそうですが、

もう1つは・・・そうです、幽霊が出るということです。

 

どうやらやりすぎコージーで広まったみたいですが、気になりますね。

 

そして、さらに!正丸峠にこの標識があると噂を聞きました!!

 

ということで、行ってみたということです。

 

正丸峠へ!

峠は、国道トンネルの直前を逸れた所に入り口がありました。

 

入ってみると、国道は交通量が、多いのに全く車が来ません。

 

そして、入った瞬間、標識がありました!

(すいません、怖すぎて撮り忘れました)

f:id:sakusaku57:20171016094734j:image

 

峠には、茶屋があるということで、そこまで登ることにしました。

f:id:sakusaku57:20171016094738j:image

 

17時くらいだったのですが、霧が凄すぎてまじでなんも見えませんでした。

 

茶屋まで無事つきましたが、茶屋はやってませんでした。

 

どうやら昼までみたいらしく、ジンギスカンが食べられるそうです。

ツイッターでみたらめっちゃ美味しそうでした。笑

f:id:sakusaku57:20171016094918j:image

 

まあとくに何もありませんでした笑

 

峠は2通りの行き方があって、今回は茶屋側に行ったんですけど、もう1つのほうだったかもしれませんね。

 

帰り道に衝撃(番外編)

あーなんもなかったねーと帰っていると、友人が「あれ!あれ!みて!」と車中で叫びました。

 

なんと、標識があったんです!!

 

狭山市駅付近の歩道橋でした。

車通りも多く、民家もあるようなところでした。

 

さっそく降りて向かいました。

f:id:sakusaku57:20171016095153j:image

 

これは撮影できました笑

「なんもないねー」と話していました、ネットでも調べましたが出てこず・・・

 

帰ろうとした時に、私は見つけてしまいました。

ポケモンGOのジムになっていたのですが、黒焦げ地蔵が近くに表示されていました。

 

さっそく、見に行くと、歩道橋の脇の細い道にあるようでした。

 

まじで怖かったんですが、じゃんけんで負けてみにいくことに・・・

 

すぐにありましたが、なんとその道の奥をみると、お墓だらけ、墓地になっていたんです。

 

一目散に戻りました笑

 

まあ、あとあとネットで調べると、慈眼寺という由緒正しいお寺がありました。

黒焦げ地蔵も、慈眼寺によって建てられた地蔵菩薩でした。

 

てことは、あの標識はなんだったんだろう・・・謎は残りますが、ひとまず何もなくホッとしました。

 

帰ってからは、一応塩振って寝ました笑

 

ということで、検証結果は、

「ビックリマークの標識は存在したが、とくに何も起きなかった!」

です!

 

 

 

教養としての経営学史「マンガ経営戦略全史 革新編」を読んで経営の全体像をつかむ!

 ベンチャーの会社員として、経営学を学ぶ必要がある。

より短期的に成果を上げていくためには、先人達の知恵が役に立つ。

また、さまざまな人たちと話す時に知識があることは有効だ。

この本は、上司に借りた本で、早速読んでみた。

 

マンガ経営戦略全史 革新篇

マンガ経営戦略全史 革新篇

 

 

経営戦略全史の概要

 

「経営戦略全史」という本があり、それをマンガにしてわかりやすくしたのがこの本だ。

 

なんと私は気づかなかったのだが、前半の確立編もあった・・・

最初に読む人はこちらから読んだ方がいいだろう。

マンガ経営戦略全史 確立篇

 

経営戦略の歴史の立ち位置を提唱した人を主人公にして書いていくという内容だ。

 

これを読むと経営戦略の歴史とその過程が一目瞭然である。

 

社会人だけでなく、経営を学ぶ大学生にはとてもオススメだ。

というのも、経営学の部分だけ見ても全体でどんな意味をなすのかを知らなければ学びや理解が深まらないからである。

 

木ではなく森を見る必要があるのだ。

 

ここではざっくりとこの本が明らかにする流れと筆者の提唱する新しい考えを紹介したい。

 

革新編の舞台は近年の経営学

確立編は、経営学初期の話。

革新編はまさに最近の経営学を述べている。

 

ポジショニングとケイパビリティ

 

まず、そもそも経営学において、

・ポジショニングを重視する派閥

・ケイパビリティを重視する派閥

が1900年代後半にはあった。

 

これが革新編の始まりである。

 

・ポジショニング

ポジショニングは聞いたことがあるだろう。

 

ポジショニングは、市場における自社の位置付けである。市場のポジショニングを戦略的に確立することで競争優位に立とうという考え方だ。

代表者はポーター、「競争の戦略」で提唱した。

 

ポーターの有名なフレームワークはファイブフォース分析。

業界構造を5つの要因から理解し、業界の有益性を予測するものだ。

 

 

・ケイパビリティ

馴染みがないかもしれない。

 

ケイパビリティとは、企業が持つ組織的な能力スピード、高品質、効率などである。この能力を高めることで、競争優位を確立できるという考え方だ。

 

代表者はジェイ・バーニー、「企業戦略論」が有名。

VRIO分析というフレームワークを構築している。

 

以上、このポジショニングとケイパビリティ、どちらが先か、どちらを重視すべきかというのが、1990年代の論争だった。

 

統合理論「コンフィギュレーション理論」登場

状況によって、例えば企業の発展段階によって、ポジショニングかケイパビリティか柔軟に対応しようという理論。

 

ミンツバーグの「戦略サファリ」で提唱された。

 

そこからさらに、「ブルーオーシャン戦略」が登場。

 

これは、戦略とは新しい市場創造とそれを実現するケイパビリティだという理論だ。

 

まさにポジショニングとケイパビリティの融合だった。

 

これを実践したのがamazon.comジェフ・ベゾス

 

イノベーションの時代へ

ところが21世紀になるとポジショニングかケイパビリティかということよりも、「イノベーション」が流行りだした。

 

21世紀は、大企業がどんどん消えていき、不安定と不確実な時代になったからだ。

 

クレイトン・クリステンセン「イノベーションのジレンマ」「破壊的イノベーション

 

大企業は、顧客志向であるために、既存の技術や仕組みを改善することに力を注ぐ。

しかし、新しい技術や仕組みは、顧客のニーズとは別の場所で生まれ、それが顧客の潜在ニーズを捉えるものになる。

 

という理論である。

 

そのため大企業は、別の指標を持った小部隊をつくって既存の顧客には売らないことを、徹底してイノベーションを起こすべきと解をだした。

 

さらにイノベーションには、イノベーティブなリーダーが必要であり、その能力は鍛えられるとした。

興味がある人は、「イノベーションのDNA」を読んでみることをオススメする。

イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)

 

 

現代の答え「アダプティブ戦略」

アダプティブとは、予測し難い事業環境変化に対応できることを競争力の源泉にする考え方である。

 

新しい観点として、自社が市場環境を変えられるかどうかを軸としている。

 

アダプティブ戦略には、試行錯誤が必要だ。

つまり、早く失敗するということを許容する文化だ。

 

試行錯誤の必要性は、「リーンスタートアップ」などにも書かれている。

 

グーグルのABテストなどもいい例だろう。

 

筆者が主張するフレームワーク

 B3Cフレームワークである。

ポジショニングとケイパビリティの両方を備えるフレームワークスは、

SWOT分析、TOWSマトリックス、3Cであるとする。

 

その3つを基にしたフレームワークで、

土俵:その市場の魅力や事業特性
競合:競合の事業への姿勢や戦略強み弱みを表す
自社:自社の事業への姿勢や戦略、強み・弱みを表す

 

この3つを経営戦略と事業戦略の2視点から考えるものである。

 

購買意思決定者が誰なのか?そのものがどんな価値を望んでいるのか?
提供するために業界はどんなコスト構造になっているかを把握すること

 

結局は、市場の定義にはじまり、市場の定義に終わるということだ。

 

 

以上、ざーっと説明してきた。

正直、把握や理解をするためには、それぞれの本を読む必要がありそうだ。

機会があったら読んで、このブログで紹介していきたいと思う。

ブログ2ヶ月目続いたぁぁぁ!初心者が2ヶ月ブログ続けると人生変わる!!

こんにちは!

さくらいです。

 

ブログがついに60記事に到達しました!!

長かったのか短かったのか・・・

 

私は8月から、自分の考えをアウトプットしたい!インプットするための強制措置として、アウトプットを日常化したい!

と思いブログを始めました。

 

開始当初は、人生を変えるために教養を身につける!みたいなブログにしようと思って、副業とかプログラミングとかコンサルのフレームワークにそって論理的に生活改善を試みました。

 

1ヶ月目の報告はこちら!

ブログ30日続いたぁぁぁぉァァァァァォォォォ!!! - 教養を身につける旅へ

 

結果、ほぼ書評ブログになりました笑

 

みなさんはビュー数とか気になると思うので、発表していきます!!

(SNSで拡散とかはほぼやっておらず、ほんとに純粋に書き続けただけです)

 

Sea


 

日常生活の変化

・ブログや読書が習慣化

まず通勤電車、50分くらい職場までかかります。いままでは、ゲームとか漫画とかの時間に当てていましたが、今は

①行きの電車:ブログを書く

②帰りの電車:本を読む

に変わり、これが習慣化しました。

 

最初は結構慣れなかったのですが、2ヶ月もするとまじで普通にできるようになります。

 

・読書量が増えた

いまだと3日で1冊くらいのペースで読んでます。

いろんなジャンルの本に手を出していますが、知識がつくと、知識を入れるのが楽しくなるという循環に入りました。

ちなみにブログのためにメモするので読書スピードは遅いです・・・

 

ブログに書くのにまとめるので、読書内容が頭に残るようになりました。

 

・ネタを探すようになった

とにかく、ブログになりそうなネタにアンテナをはるようになりました。

さらに、人のブログをみて参考にすることが多くなりました。

なるほど、こういう観点か!みたいな。

 

目を向けると結構日常生活にネタって潜んでますね。

 

ブログの変化

・グーグルからの流入が増えた

2ヶ月目付近から、グーグル検索流入が1番多くなりました。

そもそもはてなブログからの流入すら少なかったのですが、自然と増えていってます。

 

この辺からブログ強くなっていくのかな?

 

・アクセス数が増えた

1ヶ月目とかってほんと10くらいでした1日。

心が折れそうにもなったのですが、まあなんとか続けてました。

 

すると2ヶ月目からは30〜50くらいまで自然と増えるようになりました。

 

やっぱ、長く続けるの大事ですね。

 

・デザインとか変えた

どうすれば読みやすいんだろうとか考えて、カスタマイズを意識するようになりました。

いまは、Brooklyn使ってます。

いろいろ見たけど、かなりよさそうです。

 

・若干の収益

アマゾンのアフィリエイトで貼り付けた商品から買ってくれた人が何人かいたみたいで、微々たるものですが、収益があがっていました。

ネットてすげー・・・

 

・当初の計画と違う

ちなみにブログの方向は当初の計画とは違い、自分の書きたいことを書くようになっています。

もともとは、お金を貯めるとか稼ぐとか言っていたのですが、本を読むことに夢中になりすぎてほとんど手を出せませんでした・・・笑

もうちょっと落ち着いてきたらやろうかなと思っています。

 

人生変わる!!

・自分の考えをアウトプットする自信

なんだろう、なぜか自信がつきます。

自分の考えを世に出してるぞ!!みたいな謎の興奮があります。

そしたら仕事とか生活でもその無駄な自信が出るようになりました笑

 

・継続できる自信

2ヶ月書き続けて、あれ?継続力あるじゃん。みたいな自信つきました。

 いままでは、飽きること多くて、まじ何もできねぇ・・・とかへこむこと多かったのですが、

なんかできそうな気がする!!と変わりました。

 

以上です。

2ヶ月くらいだとこんなもんですかね。

とりあえず1年は続けたいと思っています!

次は3ヶ月!

今の100円ショップすげぇぇぇぇ!業界3社の売り上げも比較してみた!

昨日100円ショップに行って来たんですけど、まじでなんでも売ってません!?

 

ちなみに昨日買ったのを紹介すると、

iPhoneの充電コード

iPhoneの画面シール

③コインケース

④キーケース

です。

 

昨日買った100均の商品

 

iPhoneの充電コード

これまじですごくないですか!?

一昔前だったら考えられなかったことです!!

これで充電コード忘れても大丈夫ですね。

f:id:sakusaku57:20171013094218j:image

 

イチオシ☆②iPhoneの画面シール

これブルーライトカット30%なんですよね・・・

ブルーライトって現代ストレスの原因という説もあって体調にも影響及ぼしてるんじゃないかと言われています。

だからよく使うiPhoneに貼れるなんてすごいですよね!

しかも100均で!!(すいません、貼ってしまったので写真はありません)

ちなみに、ブルーライトはハゲの原因とも言われていますw

 

③コインケース

100円ショップに見えないですよね・・・

財布無くしたんで一時的なものとしてカバーしてくれました。

 f:id:sakusaku57:20171013094241j:image

 

④キーケース

ぼくは鍵も財布に入れるタイプだったんですね。

理由はすぐ無くすからです。

そこでキーケース欲しいなと思っていたんですけど、まさか100均に売ってるとは・・・

感動しました。

 f:id:sakusaku57:20171013094224j:image

 

100円ショップの会社3社を調べてみた!

やっぱいまは若者貧乏社会と言われているので、100均の利用者増えてるのかな?と思い調べてみました。

 

1.株式会社キャンドゥ

設立:1993年12月3日

上場:2014年 東証一部上場

年商:680億円

店舗数:979店舗(2017年8月末現在)

従業員数:正社員661名、アルバイト3406名

本社:東京都新宿区

 

「100円で人を感動させる。」

がブランドスローガンです。

 

実はフランチャイズもやってますね。

 

 

2.株式会社大創産業(DAISO)

設立:1977年12月
上場:上場していない
年商:4200億円
店舗数:国内3150店舗海外1800店舗(2017年3月末現在)
従業員数:不明
本社:広島県東広島市

 

100円ショップだとダイソーが頭一つ飛び出していますね。

トップカンパニーと言うだけあって、海外、国内でも群を抜いて店舗数が多いです。

本社広島というのと、上場していないのは意外でした。

 

3.株式会社セリア

設立:1987年10月20日
上場:JASDAQ
年商:1453億円
店舗数:1424店舗(2017年3月末現在)
従業員数:400名(パート8189名)
本社:岐阜県大垣市

 

「日常を彩る」

というブランドスローガンを掲げています。

 

ちょっとセリアはおしゃれなイメージありますよね。

セリアも地方に本社があり、岐阜県でした。

 

上記の3社を売上高と店舗数で比較!

 ・売上高

f:id:sakusaku57:20171011135558p:plain

 

圧倒的にDAISOがトップです。

都内だとキャンドゥが多いイメージでしたが、キャンドゥは意外と新しいですね。

 

  ・店舗数

f:id:sakusaku57:20171011135545p:plain

こちらも圧倒的にDAISOがトップです。

ちなみに1店舗あたりの売り上げを平均化すると。

  • キャンドゥ 1店舗 6945万円/年 年間で約69万の商品が売れています。
  • セリア 1店舗 1億200万円/年 年間で約102万個の商品が売れています。
  • DAISO   1店舗 8485万円/年 年間で約85万個の商品が売れています。

こう見るとセリアが1店舗あたりは売り上げが多いことがわかりますね。

 

次はセリアとキャンドゥの売り上げ推移と店舗数を3年間まとめました。

 

 ・セリア

f:id:sakusaku57:20171011200018p:plain

順調に伸びてますね・・・年間80~100店舗増やしていて150億くらい増えています。 

 

 ・キャンドゥ

f:id:sakusaku57:20171011195954p:plain

キャンどぅも徐々に伸びていますね。

店舗数は来年には1000店舗を越す勢いです。

 

まとめ

100円ショップ業界は堅調に伸びていることがわかりました。

特に日本では安いものが売れる社会になってきているのかもしれませんね。

それと商品のクオリティが上がってきていることも考えられます。

 

私の地元にはシルクという100円ショップもあるので、ご当地100円ショップもまだまだあるかもしれません。

 

とりあえず、便利なものたくさん売っているので足を運んでみて下さいね!

【毎日天声人語】新聞で社会教養と文章力を学ぶ「キューバ革命の立役者チェ・ゲバラの長男来日」

こんにちは!

さくらいです。

 

今日の天声人語では、チェ・ゲバラの長男カミーロ・ゲバラさんに会った話が取り上げられています。

 

‪(天声人語)英雄ゲバラの子:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S13175766.html

 

私の要約

日本キューバの合作映画『エルネスト』公開前、ゲバラの長男カミーロ・ゲバラさん(55)に会った。父が処刑されたのは5歳の時。ゲバラの評価は地域によってさまざまだ。ゲバラは医学を修めるが、南米各地を旅して重大な格差に驚き、革命闘争に身を投じる。キューバ革命前1959年には広島の平和祈念資料館に訪れ、悲劇を目に焼き付けていたという。

 

※気になった言葉

憂愁・・・悩み悲しむこと

惨劇・・・むごたらしい出来事

キューバ革命・・・ゲバラカストロを中心にアメリカの影響が強かった政権を打倒した武装解放闘争。

 

Revolution

私の感想

チェ・ゲバラって子供いたんだ!!

てか広島に訪れてたんだ!

ということを初めて知りました。

 

エルネストは、最近よくテレビで紹介されていて、「オダギリジョーでるんだ〜へぇ〜」くらいしか思ってませんでした。笑

 

どうやらゲバラが没してから今月で50年らしく、だから映画やるのかなぁとも思いました。

 

まあ、映画はゲバラの後継者!ってこたで、

チェ・ゲバラ共闘した日系人を描いたものですね。

 

ゲバラといえば、タバコとか、Tシャツとかよくみるので、英雄視されてるんだなぁと思います。

 

今回は、キューバ革命とチェゲバラの生涯を簡単に調べてみました。

 

革命家チェ・ゲバラ

ゲバラは1928年アルゼンチン生まれ。

名前は、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。

 

ブエノスアイレス大学で医学を学び、在学中に友人と南アメリカの放浪旅行を経験している。

 

下層の暮らしを目の当たりにしたりし、マルクス主義の思想に共感した。

この旅は、モーターサイクル南米旅行日記に記されている。

 

大学卒業後、友人カルロスと再び南米旅行に。

ボリビア革命に衝撃を受ける。

女性活動家のイルダと出会い、社会主義にのめり込んでいく。

 

グアテマラの革命をきっかけに、ゲバラは武力によるラテンアメリカ革命を志すようになる。

 

メキシコで、反キューバ体制リーダーのフィデル・カストロと出会い、意気投合。

バティスタ武装ゲリラ闘争への参加を決めることとなった。

 

キューバ革命

キューバ上陸後、山中の村を転々としながら軍を立て直す。

キューバ国内の反政府勢力と合流。

ゲバラは、政府との戦いの中でその才覚を発揮し、革命軍No.2となった。

 

1958年にキューバ第2の都市サンタクララに突入し、激戦の末勝利。1959年に首都ハバナに入り、バティスタは亡命、キューバ革命が達成された。

 

キューバ革命は、アメリカの内政干渉などが原因となっている。

アメリカはスペインにキューバの独立を認めさせ、キューバに干渉。

軍事基地をつくったりと、戦略的な場所としていたのだ。

 

革命後、アメリカとうまくいかず、ソ連に近づき社会主義国家となっていった。

 

まとめ

武力による革命ってかなり過激ですね。

カミーロゲバラさんが、広島の平和記念式典に参列したときに、「紛争のない平和な社会を」と願ったと言います。

北朝鮮問題など過熱していますが、過激にならないことを願いましょう。

 

以上です!